GIGAスクール、ワンストップ窓口設置を支援

文部科学省
スポンサーリンク

令和4年度概算要求が発表されました。記事にするのが遅くて申し訳ありません。

今年もGIGAスクール関係の要求が上がっています。

概要

令和4年度概算要求は、各自治体で整備が完了した1人1台環境をどう活用し、加速させて行くかがポイントになるかと思います。

民間事業者などの人材やノウハウを活かして、生徒や先生にとって負担のない使いやすい環境を作って行こうと考えていると思います。

一部の自治体ではヘルプデスクという形ですでに運用がスタートしているところもあるかと思いますが、小さな自治体などは、1から作るとなると大変ではないかと思います。

県などが広域で連携して実施することができればより利用しやすい補助事業になるのではないかと思います。

懸案

要求・要望額が少なくないかな・・・

令和元年度の補正予算のネットワーク整備の補助金の時も、基準額が想定よりも安価であったため、自治体担当者、工事を請け負った民間事業者が右往左往したかと思います。

全国で64億円となると、1自治体あたり平均で370万円程度の補助金となる。(自治体数は、1700とし、規模の大小は加味しない)

1/2補助のため、事業全体は740万円程度・・・

SEの単価などを考慮すると厳しい金額ではないかと考えます。

所管

現時点では、公表されている情報も少ないため、この記事は徐々にリバイスしていく予定です。

今回の概算要求が最終的に子どもたちのためになれば良いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました